常盤貴子の4億円大豪邸が凄すぎる

1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/11/14(水) 18:44:54.09 ID:CAP_USER9

「“連ドラの女王”常盤貴子さんが17年ぶりにドラマの主演を務めます。ちょうどクランクインしたばかりです」(TBS関係者)

常盤貴子(46)が来年1月放送の『グッドワイフ』(TBS系)でドラマ復帰する。

「18年前に彼女が木村拓哉さん(46)とW主演し、民放連ドラ歴代5位の最終回視聴率41.3%を記録した『ビューティフルライフ』と同じ日曜劇場枠。今作は米国の大ヒットドラマのリメイク版で“家族のため一度は辞めたものの16年ぶりに復帰する女性弁護士”役。“返り咲き”のイメージが重なり、彼女に白羽の矢が立ったそうです」(前出・TBS関係者)

そんな常盤は放送開始と同時期に、プライベートでも夫・長塚圭史(43)とともに“新生活”をスタートさせるという。

「常盤さんは現在、都内の高級住宅街に新居を建築中です。約200平米の敷地内に地上3階、地下1階の豪邸。今年3月に着工しましたが、工事はそろそろ後半戦を迎える状態です」(夫妻の知人)

芸能プロ関係者はこう語る。

「常盤さんは新居の費用を夫に頼らず、すべて自分で出したそうです。土地を購入した2年前は違う家が建っていましたが、解体費用も彼女が支払ったそうです。本来なら年内完成予定でしたが、彼女がこだわり抜いて建てているため、完成は来春になる見込みです」

近くの不動産会社によると、土地だけで約2億円以上。

「天井の高さは3メートルもあり、贅沢なつくり。二世帯住宅にもなる間取りですね。3階部分と屋上は木造になりそうで、総建築費も約2億円。合計4億円ほどの豪邸になります」

常盤は将来的には自分の両親をこの新居に呼び寄せることも考えているという。

「常盤さんのご両親は現在70代。今後を見据えてバリアフリー設計にしているそうです」(前出・知人)

前出・芸能プロ関係者は言う。

「もともと、俳優だけではなく、脚本も演出もこなす彼の才能に惚れ、結婚を迫ったのは常盤さんのほうだと聞いています。お金にはならなくとも、自分の経歴や成果につながる仕事だけに集中してほしいと願い、妻として常にそれを心がけているそうです。夫婦間で決めているのは、“自分の時間を大切にして意見をハッキリ言う”こと。フランス・ソルボンヌ大を卒業した義父・長塚京三さん(73)の教えでもあるとか。常盤さんも『それが自分を守ることになる』と話しています」

結婚10年目、今回の豪邸建築が常盤の“フランス流”良妻スタイルなのだろう。


11/14(水) 16:01配信 女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00010007-jisin-ent

http://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/d/f/dfd4c2e7.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/b/5/b545e105.jpg



常盤 貴子
日本の女優。
血液型はA型。
株式会社スターダストプロモーション所属。
ウィキペディア
生年月日: 1972年4月30日 (年齢 46歳)
生まれ: 神奈川県 横浜市
身長: 163 cm
配偶者: 長塚 圭史 (2009年から)
学歴: 関東学院女子短期大学


6

続きを読む

続きを読む


成長因子で発毛促進